後悔する前に予防しよう|妊娠線をやっつけろ!

知識を持とう

妊婦

増殖しやすい

妊娠線とは、妊娠をして赤ちゃんが妊婦さんのお腹で大きくなっていくことで皮膚が急激に伸びることで起きやすくなる肉割れのことを言います。妊娠線は体に一度できてしまうと、二度ときれいに消すことはできないと言われています。それだけではなく、一度できるとスイカ皮のように線がどんどん増殖してしまう可能性が高いのが特徴です。初めて妊娠する人の多くが妊娠線について正しい知識を持っておらず、予防方法も分からない人が多いです。病院の産婦人科で開催されている母親教室などサンプル品のクリームなどを配布し簡単な説明をしています。しかしその多くが、妊娠線のできやすい場所や時期、その恐ろしさを詳しく説明していないのが現状です。

お風呂上りに

妊娠線の予防で大切なのは、肌に潤いを与えて皮膚を柔らかい状態にしておくということです。皮膚が伸び縮みしやすい柔らかい状態になっていれば、お腹の急激な膨らみにも皮膚が柔軟に対応することができるようになります。潤いを与えるためには保湿効果のあるクリームを使うと良いでしょう。妊娠線予防専用の保湿クリームもあります。クリームを塗るときに工夫したいのが、お風呂上りの体が温まっているときに予防ケアを行うと、クリームの浸透も良くなるため効果が高くなります。また、妊娠初期の予防ケアは夜に一回でも良いですが、できるだけお腹が小さいうちから夜だけではなく朝にもケアをする癖をつけておくと皮膚も柔らかくなるので良いでしょう。

マッサージをする

お腹

妊娠線予防の注意点は、最後の最後までマッサージケアを怠らないようにするということです。1・2回しなかっただけで妊娠線ができてしまった人もいます。正しい知識を得ることが容易になったため、これから妊娠線予防をする妊婦さんは増えるでしょう。

読んでみよう

楽しく続けよう

お腹

妊娠線予防で重要なのは、臨月になっても毎日欠かさずお手入れをするようにすることです。体が温まっているお風呂上りに行う、ケアした後は腹巻などをしてケアをした箇所を暖めておくということで、より効果的に気になる部位のケアが可能です。

読んでみよう

丁寧にマッサージをする

美容クリーム

妊娠線予防に使うクリームは、毎日たっぷり使ってもお財布に優しい価格のクリームを選ぶと良いです。妊娠線予防専用のクリームは妊婦さんに使いやすいように作られています。今後、使用者が増えると考えられるため、質にこだわった商品が開発されてくるでしょう。

読んでみよう