後悔する前に予防しよう|妊娠線をやっつけろ!

マッサージをする

お腹

怠らない

亀裂のような線が残ってしまう妊娠線は予防マッサージで予防することができます。専用の保湿クリームを使っても良いですし、低刺激で肌での伸び具合が滑らかなものであれば市販のクリーム、乳液、オイルなどを使っても予防することが可能です。注意点は、マッサージケアを毎日欠かさず行うということです。多くの妊娠線予防をしている妊婦さんが妊娠後期の8ヶ月頃までは順調に妊娠線ができないことが多いですが、臨月に入って妊娠線が出来てしまう場合が続出しています。これは、臨月まで来ればもう大丈夫という油断、もしくはもうすぐ生まれる頃だという焦りから継続してきたマッサージケアを1・2回サボってしまうことが多くなるからです。最後まで怠らないように注意しましょう。

増加するでしょう

出産をした女性の多くが妊娠線ができてしまったことで悩んでいます。妊娠線はお腹をはじめ、足や二の腕などにメロン皮のような線が残ってしまうため、体の色が薄い日本人の女性には遠目でもどうしても目立ったしまいます。日本人は公共の温泉施設を利用している人も多いため、人目につくのが恥ずかしいと悩んでしまう人も多いです。病院では妊娠線についての説明はとても簡潔にしかされないことが多いため、自分で調べてケアをする必要があります。最近では、一人一台パソコンやスマートフォンを持っていることが多いため、以前に比べて正しい妊娠線予防の知識を持っている人が増えています。そのため、今後さらに妊娠線が出来ないように予防する妊婦さんは増加するでしょう。