後悔する前に予防しよう|妊娠線をやっつけろ!

楽しく続けよう

お腹

続けること

妊娠中に気になることの一つに妊娠線があります。妊娠線は、日本人の女性の多くができてしまう可能性が高く、一度亀裂のような線が入ってしまうと完全に消すことは困難です。しかし、できてしまったら治すのが大変な妊娠線でも、できる前に対策を行えば予防をすることが可能となります。注意点は、妊娠が臨月になった時期も欠かさず予防対策を行うということです。予防対策で最も効果があるのが、皮膚に潤いを与えるために保湿効果のあるクリームやオイルでマッサージケアを行うということです。臨月までくると妊婦さんはどうしても、「そろそろ生まれてくる」と気持ちが焦りがちになり、ついついケアをすることがさぼりがちになります。しかし、一度さぼっただけでも妊娠線はできることがあるため、注意しましょう。

暖めよう

妊娠線の予防には、保湿系のクリームやオイルを使用してお手入れをすることで、皮膚に潤いを与えることができます。保湿系のクリームやオイルを使ってケアをするときには、たっぷりのクリーム、もしくはオイルを手にとり、クルクルとマッサージをするように肌に馴染ませます。妊娠線ができやすいお腹周りはもちろん、お尻、太もも、可能であればふくらはぎまでを丁寧にクリームやオイルを使ってケアをすることが大切です。体が温まっている入浴後にケアをすることで、保湿成分の効果を最大限に実感することが可能となります。また、マッサージが終わったら、腹巻などをつけてケアをした箇所を暖めておくと良いです。